PNP
PSPとかNDSとかポータブル。このブログの記事を参考にされてPSPやその他、機器に不具合が起きても責任は負えませんので、自己責任にてお願いします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PSP] CFW 3.03 OE-C
2007年01月26日 (金) 01:45 | 編集
Flashの書き換えを行うため非常に危険な作業になっております。
プログラムに添付しているreadme.txtなどをよく読み、自己責任で行ってください。
書いてある内容が理解できない場合は実行しないことをお勧めします。

Zanさんよりコメントに3.03 OE-C用に出来上がったDATA.DXARのハッシュ値を投稿いただきましたので、記事に追加しました。
Zanさんありがとうございます!

あとで、readme読んだら載ってましたね;
すっかり忘れてました。

Dark_AleX's 3.03 OE-C Released!

3.03 OE-C by Dark_AleX

カスタムファームウェア3.03OE-Cがリリースされています。

・ビデオがらみの変更
・XMBのCPU speedを変更できるようになった
・333Mhzでwifiが使用可能
・USBSSSをベースにf0、f1にリカバリーメニューからアクセス可能
・ISOをPSPで削除できる
・Formatの際にGAME150、GAME303、ISOが作成される
・内部HENコアの変更

ざっくりこんなところでしょうか。

では、導入してみます。
対応ファームウェア(FW)
1.50, 2.71 SE (whatever version), and 3.02/3.03 OE (whatever version)

用意した物

この記事でダウングレードしたTA-082、idstorage変更済み後、⇒3.03OE-B⇒2.80⇒FW1.5(この記事でダウングレード)なUMDの入っていないPSP
303oe_C.rar
FW1.50アップデートデータ
FW3.03アップデートデータ

手順

3.03 OE-Cはアップデートではなく、新規インストールのみになるようです。

1.303oe_C.rarをダウンロード、解凍
2.1.5なPSPなので、4つのフォルダをMSのGAMEフォルダにぶちこむ
(303oeflasher、303oeflasher%、oeupdmaker、oeupdmaker%)
3.1.50のアップデートデータを150.PBPに、3.03のアップデートデータを303.PBPにリネームし、先ほど入れたMS内のoeupdmakerフォルダ内にぶちこむ
4.PSPのXMB>ゲーム>メモリースティックから3.03 OE-C Update Makerを起動する
5.自動的に3.03 OE-C用のDATA.DXARファイルの作成が始まる
6.作成が終わると自動的にXMBに戻る
7.MS内のoeupdmakerフォルダにDATA.DXARが作成されている
8.作成されたDATA.DXARを303oeflasherフォルダに入れる
(DATA.DXAR移動後、oeupdmaker、oeupdmaker%フォルダは削除してもOK)

作成されたDATA.DXARに間違いがないかハッシュ値の確認を行なった方が安全度があがります。
Zanさんよりの情報提供です。Zanさんありがとうございます!

CRC32: 27A38F3A
MD5: 95C84F1F20643FB29E5F7DFFF6D04291
SHA1: E4CE6EB16F90F0F667071085416C10B0BEA7CC22
SHA256: 1C72C1BE3C7E03E56F127AF365B8AA0B6C8C7A70BFF30E2770C222E28D1CBBFE


ここからFlashの書き換えになります。不安であればやらない方が懸命です。

9.PSPのXMB>ゲーム>メモリースティックから3.03 OE-C Firmware Installを起動する
10.何が起きても自己責任に承諾するならXでスタート、キャンセルならRボタンを押す
11.Flashの書き換えが始まって、3.03の展開が100%になると終了
12.×を押すとPSPが終了する
13.PSPの電源を入れる

起動後すぐに本体バージョンを確認にいったら、内部エラーが発生し、設定情報の破損のブルースクリーンが表示され、○を押してPSPが再起動されました。

14.本体情報を確認すると3.03 OE-Cになっている

以上でOE-Cの導入が終わりました。

起動後の本体情報を確認にいったときに内部エラーが発生した時は一瞬ドキっとしましたが、なんとか導入に成功しているようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>sdsさん
もう記事作成されましたか。早いッス!お疲れ様です。
自分も導入致しました。最初バッテリー75%以下ではじかれましたが;

念の為、出来上がったDXARは重要なものなのでハッシュ確認を必ず行ったほうがよいでしょう。
確認用のハッシュ値を記載しておきます。

CRC32: 27A38F3A
MD5: 95C84F1F20643FB29E5F7DFFF6D04291
SHA1: E4CE6EB16F90F0F667071085416C10B0BEA7CC22
SHA256: 1C72C1BE3C7E03E56F127AF365B8AA0B6C8C7A70BFF30E2770C222E28D1CBBFE
2007/01/26(金) 02:52:01 | URL | Zan #-[編集]
>Zanさん
ハッシュ値情報ありがとうございます!
早速記事に追加させていただきました。
さて、そろそろ寝ようか、って時にリリース記事見つけてやるしか!って感じでした。
2007/01/26(金) 09:35:40 | URL | sds #y0EsocJs[編集]
はじめまして、いつも楽しみに拝見しております。
自分のPSPもTA-082なので、こちらの記事はとても
参考になります。

基本的な事で申し訳ないのですが..
>1.5なPSPなので、4つのフォルダを..
とありますが3.03 OE-Bの1.5カーネルからやる場合も
やはりフォルダは4つぶちこむのでしょうか?
2007/01/29(月) 15:17:10 | URL | pow #HVIslsoQ[編集]
>powさん
自分はOE-A2(1.50Kernel)からでしがOE-Bも同様の手順でOKと思います。
3.03 OE-C Update MakerでDATA.DXAR作成。
3.03 OE-C Firmware Installでアップデート。
上記の2点を実行するには4つのフォルダ
(303oeflasher、303oeflasher%、oeupdmaker、oeupdmaker%) が必ず必要となります。
1~8で作成されたDATA.DXARは重要なものなので必ずハッシュチェックを行って下さい。
DXAR作成にはSANのMSを使用することによって作成時間がより早くなります。
2007/01/29(月) 16:26:34 | URL | Zan #-[編集]
>Zanさん

回答ありがとうございます。
やはり4つ必要なんですね。%の付いてるフォルダ
は要らないのかなーなんて勝手に思ってました。

今回の3.03 OE-Cが初CFW導入なので、今情報を
集めてるところですが、ハッシュ値とかすごくありがたいです。



2007/01/29(月) 18:38:07 | URL | pow #3MLVxto2[編集]
突然お聞きして申し訳ありません
ハッシュチェックとはどうすればできるのでしょう
基本なのかもしれませんが教えてください
2007/01/29(月) 18:48:41 | URL | YS #-[編集]
>powさん
Zanさんの解凍どおりです!
お返事遅くなりすいません。
がんばってくださいな~!

>Zanさん
丁寧な返答助かります!
ありがとうございます!

>YSさん
私は「ハッシュ値チェック」等でGoogleで検索すると出てきたツールを使ってます。
このPCに入ってないので名前は忘れました・・・すいません。
2007/02/05(月) 00:22:00 | URL | sds #y0EsocJs[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。